New Year’s Eve show!!



4年前に初めて訪れたスイスのLuganoに戻って来ています。

 

ここはスイスの南端に位置し、イタリア語圏内のTicino州最も規模の大きなリゾート地として有名です。

建築においてはこの地の歴史的特性、気候やランドスケープを背景とした表現方法としてTicino派と括られることが多く、

とりわけMario Botta氏の建築が散見されます。

日本では少し想像出来ませんが、町の市民にとって『建築家』の知名度がかなり高いのに驚かされます。

 

さて、4年前の訪問時での出会い/ご縁によって、Swiss Casino劇場で催される大晦日イベント、

”New Year’s Eve show” 用のステージ舞台デザインの依頼をいただきました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-3-18

 

数週間前に南米パラグアイにおける初のミュージカルとして成功を収めた「Be Italian」

be-italian-paraguay

− その多くのイタリア人スタッフ•キャストに加えて一流のダンサー達、新鋭のイリュージョニストも参加し、

かなり豪華なエンターテイメントに仕上がっています。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2-27

 

 

舞台デザインとして用意された材料は竹。

限られた時間の中、それぞれのパフォーマンス内容を通じての一貫したテーマを表現し、

そしてどれだけ躍動感を表現出来るかというリクエスト。。

 

心が踊りまくる。。

 

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です