events of the past Events


New Year’s Eve show 2

2016年 大晦日における ”New Year’s Eve show” が無事に終わりました。

各主演者によるパフォーマンスは正に「GREAT」の一言。

Casinò di Campione d'Italia Gran Galà di Capodanno

Casinò di Campione d’Italia Gran Galà di Capodanno

準備リハーサル期間がかなり短かったにも関わらず、

最高のパフォーマンスに仕上げたプロデューサーの采配に拠るところがかなり大きかったと言えるでしょう。

プロデューサー、俳優でもあり、そして友人でもある Giuseppe Fontani氏

14906914_1111035345658698_5461139476245342590_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼を筆頭にスタッフ&関係者へ、

このような最高の舞台に関わらせていただき、正に感謝の一言に尽きます。

DSC_0009DSC_0280

Casinò di Campione d'Italia Gran Galà di Capodanno

Casinò di Campione d’Italia Gran Galà di Capodanno

 

Casinò di Campione d'Italia Gran Galà di Capodanno

Casinò di Campione d’Italia Gran Galà di Capodanno

Trailer はこちらから!!! ☞  https://www.youtube.com/watch?v=lOGBt8qlCh8

 


New Year’s Eve show!!


4年前に初めて訪れたスイスのLuganoに戻って来ています。

 

ここはスイスの南端に位置し、イタリア語圏内のTicino州最も規模の大きなリゾート地として有名です。

建築においてはこの地の歴史的特性、気候やランドスケープを背景とした表現方法としてTicino派と括られることが多く、

とりわけMario Botta氏の建築が散見されます。

日本では少し想像出来ませんが、町の市民にとって『建築家』の知名度がかなり高いのに驚かされます。

 

さて、4年前の訪問時での出会い/ご縁によって、Swiss Casino劇場で催される大晦日イベント、

”New Year’s Eve show” 用のステージ舞台デザインの依頼をいただきました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-3-18

 

数週間前に南米パラグアイにおける初のミュージカルとして成功を収めた「Be Italian」

be-italian-paraguay

− その多くのイタリア人スタッフ•キャストに加えて一流のダンサー達、新鋭のイリュージョニストも参加し、

かなり豪華なエンターテイメントに仕上がっています。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2-27

 

 

舞台デザインとして用意された材料は竹。

限られた時間の中、それぞれのパフォーマンス内容を通じての一貫したテーマを表現し、

そしてどれだけ躍動感を表現出来るかというリクエスト。。

 

心が踊りまくる。。

 

 

 

 

 


Alessandro Nutini -アレッサンドロ・ヌティーニ展

この夏非常に素敵なご縁をいただきまして、急遽展覧会をさせていただく機会に恵まれました。

約一週間程の短い期間ではありますが(8/20(土)- 8/28(日))、是非お立ち寄り下さいませ。

 

スクリーンショット 2016-08-15 15.45.31

 

日本との出会い。

見えないがそこの存在するもの、一部が全体を包括すること、

空と包、無と有のように対極でありながら一つとなる哲学。

また生粋の土の本質、導きの炎の光、

無限なる断片が永遠と結合離脱しながら織りなす無限性、普遍性。

制作の起点となり、意欲の源となる。

内包される「本質」、自然に備わる「真」。

「すべてを内包する見えざるも大なる器とは何か?」

その存在を見極めようとしています。

また次に来る「何か」を待ちながら。

                                                       – Alessandro Nutini

スクリーンショット 2016-08-15 16.10.16

 

※お車でお越しの方:こちらには駐車場をご用意しておりませんので、お近くのコインパーキングにてご駐車をお願い致します。

http://www.navitime.co.jp/maps/aroundResult?lon=135.797378&category=0805&lat=35.020967

 

 

Alessandro Nutini 〜アレッサンドロ・ヌティーニ〜

1958年7月29日、イタリア、フィレンツェ生まれ。1975年から数年フィレンツェの画家工房に弟子入りしフィレンツェ15世紀絵画の伝統技術を学ぶ。1985年以降、画家として独立。トスカ−ナ地方に根ざすエトルリア文化に深く傾倒し、表現の源となる。ニューヨークに短期間滞在。その後カリブ諸国を旅し、土着の色彩豊かな絵画に魅了され技術を学ぶ。1992年、フィレンツェ、アカデミア美術学院にて裸体デッサン科目を取得。1995年以来、毎年日本を訪れる機会を得る。その文化、芸術に深く衝撃を受け、自身の創作言語にも強い変化が現れる。
自宅/工房  Via Montefioralle, 23, 50022 Greve in Chianti, Firenze − Italia *+39−055−8544915 *mail:info@alessandro−nutini.co *http://alessandro−nutini.com
【個展】

  • 2001/Frammenti D’Infinito「無限からの断章」法然院(京都)
  • 2002/Tazze?「茶碗?」 FYR Arte Contemporanea(フィレンツェ)
  • 2003/In Corso D’Opera「進行中」サン・ステファノ教会(グレーベ市モンテフィオラーレ)
  • 2005/Terre Toscane「トスカーナの大地」ホテルニューオータニ内水戸忠交易 小さな美術館(東京)、Terre Toscane「トスカーナの大地」、House of Art(京都)
  • 2006/Ispirazioni「インスピレーション」在イタリア日本領事館(ミラノ)
  • 2007/Terra Mater「テッラ・マーテル」,House of Art(京都)、Metamorfosi del VAS, 「器の変容」、Arton Art Gallery 京都府文化博物館別館内(京都)、BCC 銀行グレーベ・イン・キャンティ支店内展示(グレーベ・イン・キャンティ)
  • 2009/Papiers Paille 1998~2008, Espace Culturel Bertin Poir?e, (パリ)
  • 2010/Salumi Sospesi「浮遊するサラミ」、miho project ミホ・プロジェクト(京都)
  • 2011/Paessaggi Immaginari−Tutto Scorre Nulla E’「心象風景—万物流転」、ギャルリ・プチボワ(大阪)
  • 2012/Lungoungiorno (10月、11月、2回の参加) Conventino,、Spazio Arti Mestieri, 元僧院、スパツィオ・アルティ・メスティエリ工芸空間(フィレンツェ)
  • 2013/Leonardeschi? Ombre Sfuggenti, 「ダヴィンチ憧憬—幽か濛々たる陰影」、ギャルリ・プチボワ(大阪)、同展巡回、御所坊館内、ギャラリー・レティーロ・ドゥロ、カフェドボウ、堂加亭(有馬温泉)
  • 2014/アンテプリーマ、Work in Progress, モンテフィオラーレ(グレーベ・イン・キャンティ)
  • 2015/オープン・スタジオ、モンテフィオラーレ(グレーベ・イン・キャンティ)、Foto & Foto No 7, JAPAN、アレッサンドロ・ヌティーニ+ジュンコ・アンドウ写真展、エルダ・トレス監修、カフェ・レッテラリオ・ギャラリー、Le Murate(フィレンツェ)
  • 2016/「Alessandro Nutini トスカーナ景 太古の幻影」、水戸忠交易ギャラリー、赤坂ホテル・ニューオータニ内(東京)、Orizzonti Atmosferici 「地平線 大気の彼方」、ギャルリ・プチボワ(大阪)
【グループ展】

  • 2003/Colours of Tuscany「トスカーナの色」ギャラリー10(ワシントンDC)
  • 2005/神道知子 アレッサンドロ・ヌティーニ2人展、Terra e Aria 「大地と大気」イタリア文化会館(京都)
  • 2007/第7回エコロジー・アース・アート21展 埼玉県立近代美術館(埼玉)
  • 2008/EcoArtFestival, Madre matrigna e Amante tradita, ヴォルテッラヴィラ・パラジョーネ、ポマランチェ展示会場(トスカーナ)
  • 2009/Borse Nere come Rondini, 33 Proposte Prese al Volo, スカンディッチ市図書館(スカンディッチ)、Borse Nere come Nidi, イスティテュート・デッリ・イノチェンティ(フィレンツェ)
  • 2011/Borse Nere alla ricerca di spazi senza roghi, オブラーテ図書館(フィレンツェ)
  • 2014/Artour−o−il Must, Le Citt? d’Arte per l’Arte Contemporanea, ヴィッラ・ラ・ヴェデッタ・ホテル(フィレンツェ)、Artisti del Chianti, サン・フランチェスコ宗教美術館(グレーベ・イン・キャンティ)
  • 2015/Terra Cielo e Buoni−Talenti Un nuovo incontro di BORSE NERE, パルコ・メディチ・プラトリーノ(ヴィラ・デミドフ)、ヴァリア(フィレンツェ)

 

 

 

 

会場はこちら

現在位置から地図アプリで道順を見る


A grand opening event – July 31, 2016 –

スクリーンショット 2016-07-13 13.10.21

We’re throwing the grand-opening event on the 31st, July.

The newly renovated 80 year-old house in Shishigatani, finally came to the completion of work.

 

1.  If you’re interested in becoming our housemate,

2.  If you’re looking for some space to rent at the reasonable price for business or classes etc.,

3.  If you have any questions regarding renovating houses,

or if you need the professional consultation or the innovative solutions for vacant property etc., and

4.  If you’re internationally social person who wants more action,

COME JOIN US!!!

 

Date : 31th July (Sun) 7/31

Time : 11:00 – 15:00

Place : 19 Goshonodan-cho, Shishigatani Sakyo-ku, Kyoto-city

京都市鹿ヶ谷御所ノ段町19

 

We’ll prepare:

*Homemade UDON

*Homemade Italian / New York style PIZZA

*Drinks(beers, softdrinks).

→It all costs around ¥1,000.

 

Access:

○From Shijo Kawaramachi (四条河原町) :

→Bus #32. → Get off at [Minamida-cho](南田町)

→Bus #5. → Get off at [Kinrin shako-mae](錦林車庫前)

 

○From Kyoto Station (JR京都駅):

→Bus #5. → Get off at [Kinrin shako-mae]

 

○From Keihan Sanjo (京阪三条):

→Bus #5. → Get off at [Kinrin shako-mae]

 

□A five〜ten-minute walk from each bus stop (to the east).

地図アプリで道順を見る

スクリーンショット 2016-07-13 13.10.30


An opening event

Flyer

We’re throwing an opening event for the newly remodeled
80 year-old house in Shishigatani, Kyoto.
This project is a generous and mammoth combined effort on the part of the owner, an intermediary and the architect.

All the parties efforts have crystallized and transformed the house into one hell of a place for people to interact!

 

Our primary intention was not merely to just restore the house to its former glory,

but to base the entire project on maintaining the essence of the house.

The main concept in remodeling this wooden, two-story Nagaya-style house was to expand other possible functionality through considering multiple possible uses. We aimed to ensure it would encompass more than the function of an office space or residence.
If you’re interested in living in this house, come and see for yourself.

 

Date : 26th June (Sun) 6/26
Time : 11:00 – 15:00
Place : 19 Goshonodan-cho, Shishigatani Sakyo-ku, Kyoto-city
京都市鹿ヶ谷御所ノ段町19

We’ll prepare:
*homemade UDON
*homemade PIZZA
*drinks(beers, softdrinks).
→It all costs around ¥1,000.

Access:
○From Shijo Kawaramachi (四条河原町) :
→Bus #32. → Get off at [Minamida-cho](南田町)
→Bus #5. → Get off at [Jodo-ji](浄土寺)

○From Kyoto Station (JR京都駅):
→Bus #5. → Get off at [Jodo-ji].

○From Keihan Sanjo (京阪三条):
→Bus #5. → Get off at [Jodo-ji]

□A five〜ten-minute walk from each bus stop (to the east).

R


Looking for one housemate to join us in Kyoto!

We are looking for one person only, to share an 80 year-old traditional Japanese’s house.

The house has been remodeled and transformed into a spectacular home with multiple features!!

 

 

Description

  • 〒606-8422 19 Goshonodan-cho, Shishigatani Sakyo-ku, Kyoto-city  [京都市鹿ヶ谷御所ノ段町19]
  • House for 3 people only.
  • Moving in, can start as early as the 1st of July.
  • Private room size (6 tatami-sized w/small loft storage).
  • 1-year lease (renewal every 2 years).
  • Rent : 55,000 yen / month.
  • Key money(Reikin 礼金) : 55,000 yen.
  • Monthly utility divided by all 3 tenants.

 

The House:

It is composed of 3 functional spaces: The Architecture office, 3 bedrooms and a Commonly-used event space.

What is so unique about the House?

  1. Living in an authentic traditional Japanese house, elaborately remodeled.
  2. Participating in creating & organizing various events that connects with more people,                                                                           which can definitely enriches your life experiences.
  3. Language environment of both Japanese and English.

 

A little about ourselves

  • Japanese male – architect
  • Italian female – faculty member of international school

We are looking for someone who is responsible, sociable and a non-smoker;

not to mention also, a person who respects living with other people and preferably someone of international origin.

This house is located near Ginkaku-ji and the Philosophy path.

The neighborhood Is quietly comfortable, and sprinkled with a touristic atmosphere throughout the year.

Also, there is a little garden in front of the house where you can plant herbs!

 

 

Please Contact Ryota Naruhashi at the following email: fabulous4rs@gmail.com

 


告知

スクリーンショット 2015-06-06 20.14.31

京都の古町家改修プロジェクトの告知です。